タープってなに?日差しや突然の雨からみんなを守る必需品!

スポンサーリンク
キャンプのイロハ
スポンサーリンク

キャンプを始めたての頃、タープと聞いてもなんのことだかよくわかりませんでした。

 

「タープ?聞いたことないし、必要なものなの? 帽子あればいいじゃん!」

 

なーんて思っていましたが、かなり重要なものだと今ならわかります。

スポンサーリンク

タープとは

一般的に、複数人でキャンプを行う場合は、寝室がわりのテントとリビングがわりのタープが必要となっています。

タープは簡単に言うと、リビングスペースに簡易的な屋根を設置するものです。

 

タープには、大きく分けてワンタッチタープ、スクエアタープ、ヘキサタープ、スクリーンタープ

の4種類があります。

タープの種類

何より手軽!ワンタッチタープ

実はこれが一番みたことあるかもしれません。

というのも、屋外でイベントを行う際によく使用されているものです。

人によってはこれもテントと言う方もいるかもしれません。

これはワンタッチタープというもので、特徴としては自立式の為、設営がとても簡単という点です。

デメリットとしてはキャンプ感が少し薄くなる点、

風にかなり弱い、

かさばるなどがありますが、

 

そのデメリットをひっくり返すぐらい本当に設営が簡単です。

また、幕を柱に括りつけることによって、簡易的な壁を作ることも可能です。

大人数に日陰を、スクエアタープ(レクタタープ)

スクエアタープ(レクタタープ)はその名の通り布地がスクエア(正方形)またはレクタングル(長方形)の四角形タープです。

布の2辺の真ん中に長めのポールを立て、

四隅に短めのポールを立てる使用法が一般的です。

軒が高いので、大人数でも自由に立ち入れることが最大の利点です。

また、四隅にもポールを立てている為、

屋根の角度が浅めで布いっぱいに影が生み出せます。

 

欠点としては、設営がひとりで出来ず、ポールの数が多い為重量もありかさばる点です。

良くも悪くも大人数向けのタープです。

日差しも虫も冷気に雨までシャットアウト!スクリーンタープ

簡単に言えば、床のないテントです。

このタープの最大の利点は、全天候に対応できるという点です。

その他のタープは別名オープンタープと呼ばれるもので、

屋根はあるものの風は吹きっさらしのため

横殴りの雨になってくるとタープ内に水がじゃんじゃん入ってきてしまいます。

その点横側にもきっちり布のあるスクリーンタープは完全な個室を生み出すことが出来、雨はもちろん、タープの裾にスカートが付いているものがあり、冷気の侵入もなんのそのです。

 

また夏場、スクリーンタープはメッシュ機能を使えば、

キャンプにつきものの、虫対策を万全にすることが出来ます。

 

デメリットとして、きっちりポールを組んで設営する為、

テントを建てる時と同程度ないしはそれ以上の手間がかかります。

 

また全部が布で囲まれている為、

メッシュ機能を使っても暑い場合が多いようです。

 

そして、完全に締め切ってしまっている状態での

火器の使用が一酸化炭素中毒の危険性があり危険というところです。

見栄えがよく、設営も比較的簡単!ヘキサタープ

ヘキサタープはヘキサの名の通り、

六角形の大きな布地を山折りして対角2点をポールで支える構造をしています。

特徴は張った後の独特のたわみです。

この曲線が美しく、設営も慣れてしまえば比較的簡単という映えるし楽というタープです。

似た形のものにスクエアタープがありますが、

スクエアタープは支えるポールの数6本と多く、

一人での設営は不可能に近いです。

 

対してヘキサタープは間口が少し狭くなってしまうものの、

ポールを2本しか使用しないため、少しコツは要りますがひとりでの設営も可能です。

 

そして、人気の最大の理由はアレンジのしやすさにあります。

強風の際、背の高いタープだと風の影響をモロに受けてしまいます。

そんな時、ヘキサタープでは、ポールを1本折り全体を低くすることにより風に強くすることができます。

スクエアタープでも同様のことはできますが、全部で6本のポールをひとつずつ折っていくのは大変です。

またテントとの連結も比較的スムーズにでき、

小川張りと呼ばれる張り方は多くのキャンパーさんが実践されている張り方です。

デメリットとしては、スクエアタープに比べ、影となる部分が少なく、

ポールが少ない分天井が低くなりがちのため、大人数には不向きという点です。

ひし形のコンパクトタイプなウィングタープ

ちなみにウィングタープという六角形ではなく、

ひし形の布をヘキサタープのように使用するものもあります。

こちらはヘキサタープに比べ、影になる部分が少ないものの、

布地が少ない分軽くコンパクトになります。

そのため、運べる荷物の量に制限があるバイクや自転車、徒歩でのキャンプや

影が少なくても問題のないソロキャンプで活躍します。

タープの選び方

色々な種類のタープがありますが、選び方の機銃として、

種類、大きさ、耐水圧などがあります。

この中で重要なものとして耐水圧というものがあります。

耐水圧=生地に染み込もうとする水の力を抑える性能の数値

耐水圧とは生地に染み込もうとする水の力を抑える性能を数値化したものです。

 

基準としては市販の傘の耐水圧が大体600mmほどだとされています。

じゃあタープの耐水圧も600mmあれば十分?

 

実は傘は移動の時だけ差している為、ほどほどの耐水圧でもなんとかなっているそう。

試しに傘を一日中部屋の外に出していたら、裏側までしっかりと濡れていました。

 

一日中雨ざらしに合う危険性の高いタープが耐水圧600mm程度では少々心もとないでしょう。

 

私は耐水圧1500mm以上をオススメします。

 

「大雨の中キャンプなんかしないわ」という方でも

最低1000mm以上あると安心です。

 

実際、タープはテントと違い、直接体や荷物に触れる危険性が少ないのと、

屋根に角度が付いている為、少々染み込んできても、なんとかなることは多いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

タープの中でも私個人の1番のオススメはヘキサタープです。

 

なんと言っても、キャンプっぽいタープで初心者でも映えるサイトが簡単に手に入ります。

私も安いヘキサタープを入手し、初張りをしたサイトの写真がこちら!

 

ちょっとシワになっていますが、初張りでこれなら上出来じゃないでしょうか!

 

ヘキサタープは奥が深く初心者向けながら、

張り方などを細かく変えることができ、

アレンジも楽しめる為、ひとつでなんども楽しめる商品だと思っています。

 

またワンタッチタープと違い、ロープで張らないと自立しない為、

キャンプでのロープワーク技術を覚えることが出来ます。

 

皆様も、お気に入りのタープを見つけてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました