SOTO 虫の寄りにくいランタン ST-233をレビュー

スポンサーリンク
ギア紹介
スポンサーリンク

今回は、私がメインランタンとして使用している

 

「SOTO 虫の寄りにくいランタン」

をご紹介したいと思います。

 

 

そもそものランタンの選び方に関しては、

詳しくまとめた記事を以前書いているので、

そちらをご覧ください。

夜の必需品、ランタンの基本をご紹介!〜燃料の種類と特徴編〜

夜の必需品、ランタンの基本をご紹介!〜用途別編〜

ランタンの明るさの単位統一してほしい問題〜CP,lux,lm,cd…〜

 

スポンサーリンク

虫の寄りにくいランタンを買うまでの経緯

初めてのキャンプをなぜかソロキャンで初めてしまった私ですが、

べらぼうに安っすい2個1200円ぐらいの何ルーメンかもわからないレベルの

小さな2つのLEDランタンを持っていっていました。

 

ソロキャンだとギリギリそれでなんとかなったのですが、

当然グルキャンの場合光量がそれでは足りないということになったのです。

 

その際に、友人の実家に置いてあったコールマンの 2500ノーススターLPガスランタン

をお借りして、キャンプを行いました。

 

そこで、初めて燃焼系のランタンを使用してみたのですが、

 

「明るい!」

 

そこで、メインランタンかつ、燃焼系ランタンの魅力に惹かれました。

 

その中で、私なりにいくつか条件をつけて探してみることにしました。

 

  • メインランタンに耐えうる光量
  • 燃料は統一させたいため、CB缶

 

この2点に叶う商品が現状3つしかなく、この中から探すことにしました。

 

選択肢は3つありました。決め手は……?

そもそもメインランタンとしての光量を有している

CB缶を使用するランタンで

現状販売されているギアの数がかなり少ないのですが、

候補としては

 

フォールディングガスランタン UL-X クリア

 

フォールディングランタン ST-213

 

そして、 SOTO 虫の寄りにくいランタン

 

価格でいうと高い順に

ユニフレーム > SOTO ST-233 > SOTO ST-213

 

ST-233 が

660ルクス(230W相当)パワーガス使用時、

550ルクス(210W相当)レギュラーガス使用時

※照度測定値=50cm

 

ST-213

450ルクス(200W相当)パワーガス使用時、

350ルクス(180W相当)レギュラーガス使用時

※照度測定値=50cm

 

UNIFLAME

プレミアムガス:240W相当
レギュラーガス:210W相当
※照度測定値=1m

 

こう見ると、照度に関してはどっこいどっこいのような気がしますが、

よく見ると照度測定値が

UNIFLAMEのだけ50cm遠いです。

UNIFLAMEの基準に合わせると、

st-233でも165ルクス程度になってしまいます。

 

照度の計算方法は以前に記事を書いているため、

そちらもよければご覧ください!

ランタンの明るさの単位統一してほしい問題〜CP,lux,lm,cd…〜

 

 

明るさの数値だけで言えば、UNIFLAMEの方が良いのですが、

どうも様々なレビューにちらほら

 

「つけていると次第に暗くなっていく。」

 

と書き込みがあります。

 

少々不安のため、一旦保留。

 

残り2つは兄弟のような存在で、

ST-213に色々な機能をつけたのがST-233というものです。

 

ではこの2つ何が違うのかというと、ST-233には

 

  • 虫を寄せ付けないために半面ホヤがオレンジ色
  • ドロップダウンを防ぐ機能

が付いています。

 

私が一番大きいと思ったのは2番目のドロップダウンを防ぐ機能が付いていること。

 

正直、虫を寄せ付けない機能は、

メインランタンを虫集める避雷針ならぬ

避虫灯にするために使うつもりのため、

別にあってもなくてもよかったのですが、

 

ドロップダウン防止機能は欲しかったのです。

ドロップダウンとはガスボンベが

ガスを放出する際に生じる気化熱により、

缶が冷やされ、十分な性能が発揮できなくなることです。

 

具体的には長時間使っていると、光量が落ちていきます。

 

最終的には、マントルの買いやすさ

あれこれしばらく悩んでいたのですが、

最終的な決めては消耗品のマントルが

近くのホームセンターに売っていたということです。

結構SOTOのST-213の方はホームセンターでも販売されていたりするのですが、

さすがは兄弟、マントルは使いまわせるようでした。

 

ということで、1週間ほど悩んだ結果SOTOのST-233の方を購入したのでした。

 

ST-233を使ってみての感想

使ってみての感想ですが、

明るさは十分です。

買う前にサイズ感があんまりピンと来ていなかったのですが、

買ってみて、思ったよりデカい……。と感じました。

今の画像は畳んだ時点での大きさです。

隣に比較対象として30cm定規とコールマンのマルチパネルランタンを置いています。

 

これが、稼動状態になるとサイズはこうなります。

 

デカイ!

 

そもそもメインランタンはLEDを除き大体は大きいものなので、

ある程度は仕方ないものと思います。

 

ただ、唯一気になる点が。

 

SOTOのロゴとキャッチコピーはいいとして、

 

「MUSHINO YORINIKUI LANTERN(虫の寄りにくいランタン)」

 

って英語表記そのまんまかい!

 

肝心の虫の寄り付き具合は?

確かに寄り付いていなかったのですが、

まだ肌寒い時期に使用したため、

本領は発揮できていないと思います。

 

今は少々暑すぎるので、秋キャンプにて、試してみたいと思います!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました